東京・千葉で靴修理なら赤い靴

赤い靴レッドウィングソール張り替え交換修理例

LINEで送る
Pocket

REDWING/DANNER/Chippewaなどのソール交換の一例です

赤い靴が実際にソールの張り替えや交換修理をした靴です。

千葉県や東京、埼玉、神奈川だけではなく、

ネットを通じて北海道のお得意様や、

沖縄県からのお客様からもご注文を頂いており、

年間を通して700足以上のオールソールを交換しています。

よくご注文を頂く基本的なソール交換から、

お客様からリクエスト頂いたカスタム修理など、

ほんの一例ですがご覧下さい。

 

【レッドウイング875ソール交換修理】

vibram#4014ホワイト
純正ソールからの交換です。定番のvibram#4014ソールに張り替えました。仕上がりも

装着感も全く問題なく違和感もございません。一番人気のソールです。
・8000円+税 (1~2日) 

   

【レッドウイング8104ソール交換修理】

vibram#4014ホワイト
2回目の修理です。vibram#4014からの張り替えです。今回も同じ#4014で交換修理しま

した。2回目でも全く問題なしです。さすがレッドウイング!この次の交換も大丈夫で

す。
・8000円+税(1~2日) 

   

【レッドウイング9870ソール交換修理】

vbram#4014ホワイト
純正ソールからの交換です。基本的に一回目のソール交換はまず問題なくできます。修

理を前提に作られているからです。値段は少し高いブーツですが(個人的には安いと思

いますが)ソールの交換するだけで10年以上も履けるなんてとても経済的な靴だと思い

ます。
・8000円+税(1~2日)

   

【レッドウイング9011ハーフソール&ヒール交換修理】

vibram#2333+#430ヒール
通称ベックマン。ハーフソールが加水分解してしまうことで有名??加水分解とは長い間

履かずにしまっていて、久しぶりに履いたら底のラバー部分が溶けたり、ボロボロには

がれたりする状態です。基本的にはこまめに履いていればならないのですが、やはり経

年劣化でなりやすい素材ではあるようです。ラバーハーフソールはvibram#2333が定番

です。ほぼ純正に近い感じに仕上がります。vibramソールは加水分解したと聞いたこと

がありません。(私見です)ヒールは#430か#700が定番です。底縫いもしっかり致し

ますので、安心して履けます。
・vibram#2333ハーフソール 4800円+税(底縫い含む)
・vibram#430ヒール 3200円+税(1~2週間)

   

【レッドウイングソール交換修理】

vibram#2060ベージュ
ホワイトソールからの交換でも違和感なくライトカスタムできる定番のvibram#2060。

純正のゴムソールよりも厚く、スポンジ素材なので軽い素材なので、足元がとても軽く

なり、1センチくらいのヒールアップになります。ただし、ソールの溝がなくなり、ヒ

ールが減ってくると雨の日に滑りやすくなるので(経験者です。突然滑り出し手をつい

て転びました)減ったら早目の交換をお勧めします。 カラーは黒、茶、ベージュの3色

です。
・vibram#2060 8000円+税(1~2日)

   

【レッドウイング9196ソール交換修理】

vibram#7124ブラック
別名シャークソールやRIPPLEソールとも言われている人気のあるソールです。見ての

通りサメの歯やフィンのような山型のソールは強力なグリップ力を発揮しますし、見

た目も特徴的なので、カスタマーにも大人気のソールです。私もこのソールにしたレッ

ドウイングを持っていますが、履き心地は見た目とは違い全く普通です。

気を付けて頂きたいのが、このソールは前から後ろまでフラットなソールです。ヒール

が高いダナーライトなどはそのまま交換で済みますが、レッドウイングのアイリッシュ

セッターなどは、ヒール部分に高さを出す傾斜のある三角のヒールベース(2000円+税)

を挟まないと靴としておかしなことになってしまいます。ほとんどの靴はセットでのご

注文になるかと思います。カラーは黒、グリーン、ベージュの3色です。

・vibram#7124  8000円+税 
・三角ヒールベース  2000円+税(1週間くらい)

   

【レッドウイングソール交換】

vibram#8377cristy morflex ソール
一見してvibram#4014ソールに見えますが、モルフレックスという軽量発泡剤とゴムを

配合した、軽くて滑りにくい素材になっています。実際に#4014と比べてみても材料だ

けの重さは軽く、発泡スチロールのような質感があり、色味も白が濃いです。ソールの

厚さも4014は22ミリですが、8377は28ミリと一回り厚くできております。白くて軽い

ソールにしたい方にはお勧めです。

・vibram#8377cristy morflex 9000円+税(1週間くらい)

   

【レッドウイング101ポストマンソール交換修理】

vibram#2810Gumlite
REDWING101通称ポストマンのソールはあまり知られていませんがvibram#1002とい

う型番のソールが使われています。素材は#4014の黒に近く少し重いゴム系スポンジ素

材です。#2810はガムライトというゴムに比べて軽く低温に強い素材ですので、かかと

もあるので滑りやすい寒冷地などに向いているかもしれません。この型番のソールは履

いたことはないのですが、仕上がりはとても軽く外回りのビジネスマンにもお勧めで

す。

・vibram#2810 9000円+税(1週間くらい)

   

【レッドウイング8133スーパーソール交換修理】

vibram#4014+3ミリミッドソール(中板)底縫い
REDWING8133スーパーソールの修理は大抵断られます。ソールとウエルトが一体にな

っているので、ソールを剥がす事が出来ないからです。赤い靴ではスーパーソールのウ

エルトを残しソールを削り、ミッドソールと言われる3ミリ厚の中板を本体と縫い付

け、ソールを圧着修理致します。写真のようなホワイトソール以外にもブラックのミッ

ドソールとブラックのソールの組み合わせも良いかもしれません。

*注意 ソールが減り過ぎていたり、加水分解などでソール、ウエルトに影響が出てい

る場合は交換修理できません。また、予期せぬブーツの不具合もございますのでスーパ

ーソールに関しては通常の修理とは異なることをご理解下さい。

・vibram#4014 8000円+税 
・3ミリミッドソール+底縫い 2000円+税(1~2週間)

   

【レッドウイング2268ソール交換修理】

vibram#700ソール&ヒール+底縫い
REDWING2268エンジニアブーツのソール交換修理です。通常エンジニアブーツの修理

ではvibram#700か#430が選ばれています。違いはデザインの違いと思われています

が、ソール自体の強度が#430ソールよりも#700ソールの方が硬いように感じます。エ

ンジニアブーツのヒールベース(ベージュのプラベース)を再利用しますので、できれば

ヒールベースが減ってない方が好ましいです。が、減っていてもなんとかお直し致しま

す。お問い合わせ下さい。 

・vibram#700ソール&ヒール 9000円+税 
・底縫い 1000円+税(1~2週間)

   

【レッドウイング8280ソール交換修理】

vibram#2060ソール交換
REDWING8280エンジニアブーツのソール交換修理です。元はvibram#109ソールから

の交換です。ミッドソールから下の交換ですので、感覚としてはアイリッシュセッター

などの交換修理と同様です。材料があればそんなに納期はかかりません。#2060ソール

は#2021ソールの姉妹品と思っていただいて下さい。デザインの違いもそうですが、一

番の違いは#2021ソールは底面がフラットですが、#2060ソールは土踏まずの部分から

ヒールが高くなっています。つま先もヒールの高さもどちらのソールも同じです。中間

部分の違いです。カラーは黒、茶、ベージュの3色です。

・vibram#2060ソール 8000円+税(1~7日)

   

【レッドウイング9011ハーフソール交換】

DAINITE LOGGER SOLE交換

REDWING9011のハーフソール交換です。レッドウイング純正のソールは加水分解しや

すいので、履いてないのにソール交換というパターンがよくあります。すると履いてい

ないヒールは全然減っていないので、今回はソールだけにしようという方もいます。ベ

ックマンの良いところはセパレート式の底面ですので、悪いほうだけの交換、という風

に修理する部分を選べるので修理代が安く済みます。ソールだけの交換でも底縫いは出

来ます。

・DAINITE LOGGER SOLE 底縫い込み 4800円+税(1~2週間)

   

【レッドウイング8167ソールカスタム】

vibram#2055ソール交換
REDWING8167はホワイトソールですが、vibram#2055に張り替えました。ホワイトソ

ールからホワイトソールへの張り替えのようには簡単にいきません。まず#2055は底縫

いをすることができますので元のステッチを抜く作業が必要です。その為にはミッドソ

ールを取る必要があります。ですのでミッドソールを再度付ける事が必須です 。ミッド

ソールを付けた後に#2055ソールを付け底縫いします。#2055ヒールは7ミリと薄いので

そのまま付けるとバランスがおかしくなります。なのでヒールをかさ上げするヒールベ

ースが必要になります。7ミリ厚の革を2~3段挟みヒールに高さを出し、そして#2055

のゴムヒールを最後に付けて完成です。ビジネスシューズなど元々ヒールベースがある

ものでしたら再利用できますが。フラットなソールの場合ヒールベースが必須になりま

す。

・vibram#2055 底縫い込み 10000円+税 
・3ミリゴムミッドソール 1000円+税
・7ミリ革ヒールベース 700円+税(×2段)(1~2週間)

   

【レッドウイング9011ハーフソール&ヒール交換修理】

vibram#2333ハーフソール+vibram#430ヒール交換
REDWING9011通称ベックマンのハーフソールとヒールの交換です。製造年代によって

は加水分解を起こすことで有名名ベックマン。通常加水分解は長期間の保管や経年劣化

で起きますが、このブーツは普通に履いていても簡単に加水分解を起こしやすいようで

す。 ベックマンのソール交換は4択ございます。写真のvibram#2333か#435,#705もし

くはダイナイトロガーソールになるかと思います。純正ベックマンのような感じに直す

のでしたら、ダイナイトか#2333を選ばれている方がほとんどです。加水分解している

ソールを剥がすのはかなり大変な作業ですが、レザー面をきれいにしてからソールを貼

らないと接着が効かなかったり、隙間が空いたりと仕上げに影響しますのでソールを剥

がす作業はとても重要です。そのあと底縫いをヒールを付け仕上げて完成します。

・vibram#2333 4800円+税 底縫い込み
・vibram#430ソール 3200円+税(1~2週間) 

 

 

この記事を書いた人

工藤弘次

修理一筋25年超、ブーツ修理を得意としています。 どうしてもやってくれと言われると断れない性格なので、 ここまで幅広い修理ができるようになったんだと思います。 他店で断られてしまった修理も是非お問い合わせ下さい。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

SHARE
PAGE TOP